FC2ブログ
らんらんがいた庭
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何がそんなに楽しいのか?                             雨 10℃
朝、目覚ましと同時にケージをガリガリやって開けてもらい「あーお腹すいたーっ」って感じに台所まで走って行って野菜をもらったあと「あー狭かったーっ」って感じに部屋のあちこちに走って行きます。

まずはバスルーム。
どうしても気になってしょうがないらしいのが、バスルームのクローゼット。
ぐるりと中を一周するだけでも良かったらしいのですが、硬めのビニールを入れたら狭い空間でガサガサさせて興奮しています。

その次はshiroのベッド。
シーツを伸ばしたり、枕のど真ん中でじっとしたり、シーツをぺろぺろしています。何がそんなに楽しいのか???です。


その次に走って向かうのがエメラルドシテ(仮名)。
この場所を提供してからどのくらいになるのか。
でも日に何度も訪れて、ビリビリしたり、ガサガサしたり、くつろいだりしています。
静かになったので何してるのか上から覗いてみました。
080331-1.jpg


入り口から覗いてみました。
この隙間はらんらんがぎりぎり通れる幅です。
ここに頭を入れたら、らんらんはその瞬間から自分だけの世界に没頭です。
邪魔をしないように隙間にも手を入れないようにしています(らんらんが見てない時、ゴミをまとめたりしてるけど)。
080331-2.jpg


らんらーん、出ておいでよ、一緒に遊ぼーー。
080331-3.jpg
何のこと?って感じですね。お邪魔しました。
スポンサーサイト
ヒストリカルツアー                                 晴れ 11℃
10月か11月くらいから3月いっぱいはいわゆるシーズンオフで、ここら辺のミュージアムやお庭が綺麗な公園などは閉鎖されたり、公開していても無料になったりします。

まだまだ気温は低めだけどめっきり春らしくなったし、早くお庭を見に行きたいけれどまだお花は出揃ってないし、今日はまた古い建物を見に行ってきました。

先週はNY州でしたが、NJにもちょびっと歴史はあるんですよ。
我が家の横にも1つあるし、我が家の前のいつも事故っている高速道路はマンハッタンから橋を渡ってまっすぐなので古くから使われていた道らしく、一応ヒストリカルマークがあったりするんです。


我が家から南西の、NYから50キロ弱のところにある歴史の街、モリスタウンに行ってきました。
古い町で、歴史もあり、NJの中では経済的にも大きめの街で、憧れの住宅地でもります。
憧れの住宅地=古い大きなおうち=高い=住める人はお金持ち=その子供達が通う学校のレベルも良い=あやかりたい=ますます土地高騰という式が出来上がっています。

なぜ歴史があるのかというと、アメリカ独立戦争の際、ジョージワシントンひきいるアメリカ軍が、ハドソン河を渡り我が家の前の道を歩き、いくつかの山を越えたどり着いたのがここだったのです。
何も無いこの時代、山の上からはNYにいるイギリス軍の動きもわかりやすかったらしいのです(煙でもあがっていたのを見ていたのか?)。
1万から1万3000人の兵隊を引き連れていたということでしたが、彼らが滞在していた1777と1778年の冬は激寒で、ハドソン河が凍ったとのこと。
冬は戦わないというなんとなくの風習があったということですが、このNJの山の中では食物なども手に入らず、脱走兵が相次いだとか。


今はアメリカナショナルパークの管理下に置かれてるジャッキーホロウと呼ばれる国立歴史公園。
Wickさんちの小さいおうちと山。
この山を借りてワシントンの軍隊が滞在していました。
080330-1.jpg
煙が出てるので誰かいるのかな、入ってみましょう。



080330-2.jpg
中は真っ暗でようやく目がなれた頃人が暖炉の前に座っているのに気づき、説明を始めてくれました。
よく見るとその時代らしい洋服を着ています。
とにかく寒い部屋です。窓がひとつ。


説明の後、裏に部屋があるのでご自由にどうぞということで行ってきました。080330-3.jpg
各お部屋は意外と広く、窓もちゃんとあります。
窓から見える青い空や枯れ木がとっても綺麗ですが、寒すぎです。
入ってすぐのリビングの他に2ベッドルームと書斎もありました。どの部屋も、おうちの正面から見たのでは想像できないほど広いです。


もう少し山を登ったところに兵隊が滞在した小屋が残っています。

080330-4.jpg


寒いから何かしなくちゃってことで、この小屋を1000も作ったそうです。
でも一部屋、さっきのおうちに比べたらリビングルームの1/3くらいしかありませんが、20人の兵隊が一緒だったとのこと。
080330-5.jpg
shiroがこの時代にいたら脱走兵に志願したいと思います!


ではお偉方はどこにいたかというと。
080330-6.jpg
隣山にあった、素敵なおうちを間借り。


080330-7.jpg
立派な食堂。日も当たってゆっくりご飯を食べられそう。


080330-8.jpg
素敵なティーサロン。日も当たってゆっくりお茶を味わえそう。


080330-9.jpg
玄関横にある会議室。ここで今は10ドル札の顔になったアレクザンダー・ハミルトンさんも事務をしていたらしいです。
1777という時代になんと立派なおうちがあるものかとびっくりでした。

入り口に説明してくれるおじさんがいて、その当時らしい洋服を着ていました。
ナショナルパークともなると、ここらへんも気が利いていて良いなぁ。

今日のミュージアムはフリーでした。
とにかく寒かったので有名な2年。そこらへんもよーく実感できました。でももっともっと寒かったんです。
キイロ                                         晴れ 9℃
shiroもkuroもキイロが好き。
海水魚を飼う時に、日本のみなさんのブログを見てよく水槽にいたキイロちゃんがかわいくて、こちらでようやく見つけた子を連れてきました。

でも実はこの子は早くも二代目です。
最初の子は最初から白点がついていて数ヶ月でだめになってしまいました。
この子は違うお店から来た子で、本日のセールだったので(そればっかり)またshiroがねだってうちにやってきました。
もりもり食べて自由自在に生活。エサをあげる時は指をつつきに来ます。
080329-1.jpg


水槽の汚れ取りの上で、水槽の中や、水槽からshirokuroの事を観察してるようです。
人が寄ってくると一番に浮き上がりエサをもらう用意を始めます。
我が家の超人気者。ふわふわ泳ぐ姿と赤いほっぺがとーってもかわいいのです!
080329-2.jpg
ガラス汚れてる。。。



黄色い花らしいとわかってだいぶ待ちました。
ようやくお花が咲きました。
080329-3.jpg
名無しのバーゲンのプレウロ。
お花を見てたら買わなかったと思うけど、面白いしこれはこれで良し。次はいつ咲くかしら。



ついでに、一緒に咲いていたEnc.bractescens。大好きなお花。
早く大きな株になって欲しいです。
080329-4.jpg
仲良し                                         晴れ 9℃
数日前から急に毛がやわかくなってきて、昨日くらいから皮もやわらかくなってきました。
抱っこすると急に痩せた人みたいに皮がゆるゆるして、らんらんもちいさくなったみたい。
毛も生え揃ってきたところは密でふわふわのやわやわで弾力があって本当に気持ちが良いです。
もう終わりかなってころ、お腹の毛もたまり始めて具合が悪くなる頃だからまだまだ注意が必要です。

昨日までshiroのところにはたまにくるけど、近づけば毛を抜かれるし、一人でいたいわって感じでお気に入りの場所で過ごすことが多かったらんらんですが、自分でも換毛が終わってきて落着いたってわかるのかなぁ、帰ったらお迎えに来てそれから前みたいにずっと横に座って、shiroが立ち上がると自分も背伸びして「どこ行くの?」戻ってくると「早く早く」って何度もおじぎしたりするようになりました。また前みたいに仲良しになれたね。良かった。
080325-1.jpg


懲りずに輪っかを置いてみました。
らんらんが何気にギクッとしてるのがおかしいです。かわいいね、らんらん。
080325-2.jpg
遊ぼっか                                       晴れ 11℃
週末はちょっと気温が下がったけれど、今日はまた気持ちの良い春の日。運転していても眠くてボーッとしてしまう。


今日はお仕事がたくさん詰っていたけれど、定時には帰れそうかなとほっとしたところにボスからお呼びがかかり。
この時間だし大した事ありませんように~と思いながら付いていくと、いつもは行かない部屋に連れ込まれ。
入ってみるといつもと違うメンバーが席に座っており、顔つきは超シリアスだし一気に「何事~」モード。


話を聞いてみると、私の真向かいに座ってる女の子が今日限りでさようならになります。
というのです。
アメリカの会社は簡単にクビになるって聞いてましたが、今日、「今日でさようなら」って言われるってどう?
副社長の言葉では「She is leaving today. It's not happy for her.」って中学生ですぐ習うくらいの簡単な表現で終わり。
なんかガーンって感じで、戻って席についたところで、彼女も別の部屋から出てきてすっごい泣いていた。泣くよーそりゃー。
そして、人事の人がいかにもアメリカの会社らしく、ダンボール(取っ手の穴付き)を持ってきてこれに入れて私物は持って帰ってね感じで。しかも一箱。足りないよ、彼女には。写真とかいっぱいあるし。
ITの人もすぐ寄って来てアカウント削除して(明日じゃだめなのかしら~?)なんかほんとうに映画(オチの無い)みたいでした。

とても元気な人で明るくていつも声かけてくれたのに(お菓子いる?とか)、彼女がいないと明日から淋しいです。
というか、明日は私かも?と思うとなんだか不安だなぁ。



帰りに春のお買い物でも行こっ!と思ってたけど、まっすぐ帰ってらんらんに遊んでもらうことにしました。
何して遊ぶ?
080324-1.jpg


イースターだったから普通には無い、パステルっぽいものがこの時期は売ってます。
らんらんに似合うと思うんだけどどぉ?
080324-2.jpg


僕は王子だよ、こんなのいやだよ、おいしくないし!
080324-3.jpg


もうどいて、どいてってばー
080324-4.jpg
つづく。
町探検                                        晴れ 9℃
マンハッタンとNJはハドソン河で仕切られていて、そのハドソン河は遠い北の方まで続いています。
ヨーロッパからマンハッタンにたどり着いた人達はこの河を登ってそれぞれの文化や暮らしを切り開いていきました。

今日はNJをそのまま北の方へ向かい、NY州に入り、そこから1時間ほど行った「New Partz」という町に行ってきました。
アメリカには数家族しかいないような町にもそれぞれ名前がついていますが、地図に載せきりません。
でもこのニューパルツは案外大きな黒丸で、大きな字で地図に載っているのでさぞかし発達しているのかと思っていたのですが。
080323-5.jpg
高速道路を降りたらひなびた町が。
レストランやちょっとしたフードショップなども並んでいるけれど、閉まってるし。

イースターサンデーだからかな。


もう少し先まで行くとこれまた急に変わった若者が増えて、ギャラリーとか、手作り小物のお店が並んでどうやらちょっとした観光地みたい。でも何を見るの?

と思いながらもう少し先まで行って見ると目的地がありました。
ここもシーズンオフで人気無し。静かな歴史的ストリートです。。
080323-6.jpg


観光用ミュージアムもライブラリーも閉まっていたので、どんな暮らしをしてたのかなーと想像しながら町歩き。
NJよりちょっと寒いけれど、春らしい日が気持ち良かったです。
080323-7.jpg


町の西端。
向こうに川が光っていますがここはハドソンリバーの支流だと思われます。
左側はフレンチチャーチ。あ、チャーチ、隠れて見えない。
この町は数家族のフランス人がどこからか逃げてきて作られた町なんだそうです。
080323-8.jpg

高速道路近くまで戻ってみると、NY州立大学の文字が。
アメリカで一番州立大学が多いのがNY州。
どんな小さい町にも立派な茶色の校舎が立っているのですが。どんな「小さな」というのがポイント。
学生が遊びに走らないようにとか、広い場所が欲しいからとかあるのだと思いますが、NYだと思ってもし東京などの都会から留学に来たら・・・・。
ちょっと大変かもしれません(笑)。レベルはとっても良いのですよ。
24                                           晴れ 10℃
らんらんの換毛、真っ最中ですが、すでに抜けたところには新しい毛も伸びてきて、つるつるやわやわになってきました。
でも体を撫でるとやわらかーい抜け毛が手にくっついて舞う舞う。
コンタクトにくっついて取れなくて、痛くて泣いてばかりのshiroです。


今日も元気で良い子だったね。
大好きなパセリでも召し上がれ。
080323-1.jpg


そんなに一気に行かなくても、誰も持っていかないよ(笑)。
080323-2.jpg



先日、らんらんに夜用の野菜とニンジン、ペレット、藁を入れ、らんらんにバイバイしてからベッドに入りました。
眠りに付きそうになった瞬間、「あ、ペレットあげてない、それなのに、らんらん暴れてないねー」と思いながら起きてケージまで行くと、ケージが全開、らんらんはお気に入りの暖房の前の場所で伸びていました。
面白いのでそのまま一晩過ごしましたが、一度もshiroのところにやってきませんでした。
夢の(誰の?)24時間フリー状態です。
何して過ごしていたのかな。
080323-3.jpg
昨晩もそうして見ましたが、普通のらんらんになっていて、寝入りばなに2度、朝方2度ベッドにもぐりこんできました。お腹が空いていたようで野菜の催促を何度もされてよく寝た気がしない、shiroです。
お花の季節                                      晴れ 10℃
このまま春が続いてくれるといいなー。と思いました。
でも明日、早速雪のマーク。5月いっぱいまで心配は続きます。


らんらんもお日様に当たって気持ち良さそう。
早く毛がきれいになるといいね。
080317-3_20080318103845.jpg


蘭たちも、冷え切ることがなくなったので、ようやく窓辺に並べました。
もう少ししたら、外に並べられるかな。
080317-2_20080318103840.jpg


コネチカットから来る蘭たちは、簡易温室で、あまり日に当てず湿度を保つように大事にされてます。大事にしてるつもりでもだめになることが多々なんですが。
これはプレウロですが、今年のセールに行った時に、名無しの株分けだったので、セールの上の「またセール」棚に置かれていました。
まだ若いのかと思いましたが1つだけ蕾が伸びてきました。
お花がヘビみたいなのじゃなければいいんだけど。うれしいけど、怖い。
080317-1_20080318103828.jpg


お花とは違うけれど、kuro水槽にある「ナガレハナサンゴ」
お店で「今日のセール」になっていて、shiroが「これ買うこれ買う、買わなきゃ帰らない!」くらいの勢いで水槽に張り付き買ってもらいました←kuro水槽用。
初めてのハードコーラルで超躊躇のkuroでしたが、すんなりなじみ、お店にいる時よりの~びのびしています。一度も具合が悪いなんてありません。
でしたが、昨日、どの触手も縮んで下向いて、今まで見たこと無い口がだらりと開いて、よく読む「星寸前」状態でした。何が悪いのか何が起こったのかわからず。不安な夜を過ごしました。

今朝、全快してました。本当になんだったんだろう。
でもきれいでしょう?ほんとうにお花みたいです。
今度はどのサンゴを買おうか←育てるのはkuro。
080317-4_20080318103851.jpg
春だから                                        晴れ 10℃
らんらんも所定の場所に移動したし。shirokuroはでかけますか。らんらん、ぐっすりおやすみ。
080317-1.jpg
ここは第一弾の深い眠りにつく場所。今はコートをかけてあげてるけど、これからの季節、どうしようかね。こっちが気にするほど気にしてない王子だと思うのですが。


さて、今日はイタリア食材やさんに来て見ました。
shiroのだーーーーい好きなお店です。ほんとうにイタリアンなものばかりです。
そして安いんです!
週末は試食もたくさんあって、kuroは気に入ったものはその場で何個も食べるのでなく、ふらふらーっとコーナーをぐるりと回ってからまた食べに行ったりと気を遣ってました(笑)。
チーズがね、フレッシュなものからハードのものまで山積みで、「今日のお買い得」になると1パウンド1ドル以下になってたりします。賞味期限切れかと思ってしまいます。
今日はブリーを買いました。カマンベールより塩味少な目?いくらでも食べられてしまいます。
080317-2.jpg


何種類もの、値段もピンきりなオリーブオイルや、バルサミックビネガー。
こちらも試食つき。オリーブイルは日本で高くてちびちび使っていたけど、今は値段も変わってきてるのかな。ここでは10ドル以内でもフルーティーでおいしいのがたくさんあります。
080317-3.jpg


もちろん、お店オリジナルもずらり。
080317-4.jpg
このイタリアのお店、輸入品ばかりだし、このドル安でどうなってしまうんでしょうって感じです。



さて、お店の外に出たらなんだか良いにおい~。
そういえば、さっきお店に来る時に曲がったところにダイナーがあったね!
ということで行って見ました。
よく見ると、マンハッタンにもたくさんあるお店でした。なぜここに。。
080317-5.jpg


ジャクソンホールだってー。
グランドティトンを思い出してしまう。本当にいいところでしたーーー。
出てきた普通サイズのバーガー。
アボガドのワカモレのっけ。おいすぃかったーーーー。
写真だと小さめに見えますが、口をいくら大きく開けても入りません。
080317-6.jpg
春だからなんでもおいしいね。たくさん食べられるね。
また行く。kuroは、ふーんだって。いつもそうなの(笑)。
春ですね~                                       晴れ 11℃
春らしい、良いお天気でした。
お部屋の中にいて窓から外の風を感じるより、外は全然暖かく、冷たい空気はどこにもありませんでした。
080315-4.jpg


週末の朝、少しお寝坊したいです。
でもいつも通り、7:30頃目覚まし時計がなります。でもそれは先週までの6:30。
体内時計はまだ6:30。いつになったら慣れるかな。
らんらんはちゃんと時計を聞いていて、鳴ったと同時にケージをがたがたやりはじめます。あまり時差は関係ないみたい。
そして一日中お腹がすいているらしいです。
ください、のポーズ。
080315-1.jpg


セロリをもらいました。
食物繊維が多そうと思っていたのですが、どちらかというと水分って感じみたい。
だから、長いお昼寝が終わってすぐのおねだりの時よくあげています。
長い間寝てたから、喉が渇いているよね?
080315-2.jpg


頭の天辺からお尻までまだら模様の王子です。
080315-3.jpg
やめよう、やめようと思っても、らんらんが近づいてくると毛を抜いちゃうから、らんらんも最近は様子を伺うようになってしまいました(涙)。shiroのとこ行くの、どうしようかなぁって感じで躊躇します。
早く換毛が終わって、元の仲良しに戻れるといね!
今日のらんらん                                     のハゲ                                          晴れ 8℃
夏時間になって、会社を5時過ぎにでると、それは先週の4時台の事です。
だからまだ夕暮れにはだいぶ時間があって、夕方の寒さにもなってないし気も体もとっても楽です。


どんどん春に近づいて、らんらんも用意が着々、衣替えが進んでいます。
いつまたお腹の調子を崩すかとびくびく見守ってるshirokuroですが、今の所(今日の所?)大丈夫そう。
藁をおねだりして、ぱりぱりぽりぽり食べてます。
080311-1.jpg


なかなか抜けないなと思っていたのですが、この前のハゲから急激にやってきました。
あ、毛が緩んでる、と思うところを引っ張ると次々抜けています。
080311-2.jpg
面白くて止めるのが大変なんだけど、最初はらんらんもいつも通り「お願い」。ぺろぺろしています(涙)。でも止められない。
その次は隙を見て逃げようとしますが、前から羽交い絞めにされます(涙)。
らんらん、初めてかじりました。これまたちょっと齧るから、つねられた感じで余計に痛い。
そうだよね、らんらんも痛いんだよね、ごめんね。おいしいジュースあげるね。痛いことしたの忘れてね。


まだ全身の半分以上替わってません。
毛球症にならないようにがんばろうね!
080311-3.jpg
春です!                                        晴れ 6℃
朝、枕もとの時計が8:30過ぎに目が覚めましたが、リビングにあるいくつかの電波時計は9:30になっていた。

そうです、今日から夏時間開始です。
外は春らしい黄色いお日様色に輝いていますが、風、強い。


そんな中、春を探しに近くに山に行って見ました。
家から20分ちょっとのところです。
山だからまだ寒かったのですが「ここに止めて良いですよ」ポイントの路肩には車が並び、たくさんの人が山歩きをしていたみたいでした。まだ日中の最高気温6℃なんですが。

山道の脇には湖が幾つもあって。
波立ってる~サム~。
向こう岸には小さいバンガローがたっていて、夏とか楽しそうだなー。泊まるほど家から遠くないのが残念。
080310-1.jpg


もう少し山を登ると教会が。
ちゃんと通ってる人もいる様子。だってお墓並んでるし。
080310-2.jpg
教会に通ってる人達、こんな小さい教会だからみんな家族ぐるみでお付き合いがあって、家庭の歴史までお互い知ってるんだろうなー。


さて、我が家にも春らしい印が。
らんらんの換毛です。抱っこされるとおとなしくなるのでつい抜いてしまい。
080310-3.jpg
王子の毛皮にハゲが。


もう下に毛が生えそろってます。
歩く度に、この黒い所がちょこっと見え隠れしています。
080310-4.jpg
早く終わるといいね!
忠犬らんらん(王子)                                曇り 16℃
昨日は晴れて13℃。本当に気持ちの良い日でした。
今朝は朝から10℃以上だったけれど、午後から雨が降り、普通の冬の日に戻りました。
こうやってなかなか思い切り春を楽しめないアメリカの春。


さて、らんらん。ダイニングの薄暗いテーブルの下にもぐりこんでいます。
イスも入り組んでいて、shiroが捕まえに来た時に巧みに逃げられるから気に入っているようです。

この写真はshiroに野菜をもらった後、shiroが台所から動かないので近くにいたいけど、静かに眠りたい気もしているところです。
「まだ台所からいなくならないだろう」と様子を見ています。
080304-2.jpg
台所からの匂いや音などで感じ取ってるみたいです。
牛肉を焼くとすぐ逃げます。豚、鶏は平気だけど、ベーコンもちょっといやみたいです。


寝転がりました。
080304-1.jpg
静かに寝かせてあげようと、電気を消してshiroは予想外に台所から去り、いつもの座布団に座ってTVを見始めたら、飛び起きて「僕を置いていかないで!」という感じに思い切りダッシュしてきました。
そりゃ一人で寝てるより、ナデが欲しいよね。
それでも一直線に、一生懸命こちらに向かって走ってくる姿はとってもかわいいのです。口はへの字に結ばれたままです。

お料理の続きをしようとまた台所に向かうと、もちろん転がるように走ってついてきます。
らんらんがいるから何をするのも一緒で楽しいね。
Meet Conrad !                                   晴れ 6℃
らんらんの藁が届きました。今回は約2.5キロのティモシー・ハイ・ファイバーヘイと約2.5キロのマウンテングラスヘイです。

ダンボールは部屋の前に置き去りになっていて(日本の宅急便やさんは必ず手渡しじゃなかった?)、部屋に持って入ると、らんらんはすぐに嗅ぎつけて飛び起きてきて、そわそわとしています。
特にマウンテングラスヘイは本当に良いアロマテラピーになります。
ビニールを破られるからすぐ所定の位置に置いて、まずは残り香を楽しんでいただこう。
空いたダンボールに、ビニールに入った古い(といっても今まで食べていた)藁を入れてあげます。
080302-3.jpg


ほら、ここに隙間があって、まだ藁入れられるよ!と言っています。
080302-4.jpg


おねだり上手ならんらん王子。
080302-5.jpg
いつでも藁はあまるほどもらえてます。
寄り添えばナデももらえて、台所に走れば野菜ももらえます。


さて、天気の良い今日は行かなければならないところができました。
080302-1.jpg
一生行かずに済ませたかったところ・・・。アニマルシェルター。
オンラインで藁を頼んだら、W注文になってしまい(いつもこのお店のサーバーの調子が悪いので、何回かやり直してたらWってしまったみたい。)狭い我が家に10キロの藁を置いて置けないし、新鮮でなくなってしまうし、出来れば出荷を止めてくださいとお願いしたら、もう止められないので、近くのシェルターにドネイトして欲しい、そしてどこにあげたか連絡くださというので、下見に行ってきたのです。あげてもうさちゃんがいないと意味ないもんね。


今は10匹くらいのうさちゃんがいるようでした。8匹はフレミッシュのmix(たぶん耳垂れ系との雑種)でオーナーさんがなくなったので、兄弟揃ってやってきたということでした。
それ以外にいたのはこの子、コンラッド君。とってもカワイーです。
080302-2.jpg
コニーちゃんとしてやってきましたが、男の子だったのがわかり名前が変わったのだとか。


ここにいる子達はそんなに悪い境遇にいなかった様子。
でもコンラッド君はこんなにかわいいのに、鼻を撫でるとビクッと身を引くんです(涙)。まだ1歳だって。
他のシェルターには、飼い主から無視され続けやせ細っちゃった子とかいるみたいで、説明を読むのもつらいです。早く良いおうちに連れて行かれるといいね。
藁もたくさんもらって、ペレットも山盛りあって、広いケージに兄弟は2匹づつ、コンラッド君は一人でいました。
犬、猫ちゃんの部屋はちょっと体臭があって、鳴いたりしてるけど、うさの部屋は遠くにあって、戸で仕切られてたし、他の動物の匂いも届かなかったので(人間にはわからない程度)、うさちゃんも安心しているようでした。
来週藁を持ってくるお話をしてきました。


このシェルターにはたくさん人が見に来ていて、新しいうちに連れて行ってもらってるみたい。
もらわれるのは猫ちゃんが多いみたいでした。みんな幸せになるといいね。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。